道路上のTHCコントロールに対処する方法

一部のユーザー、特にハーブを薬用に使用しているユーザーにとっては、禁煙は選択肢ではありません。高い位置での運転はお勧めしませんが、障害物によっては、ハンドルを握る前に何時間も喫煙していなくても、テストで陽性になることがあります。
運転中に引っ張られたり、定期健康診断を受けたりした場合にTHCに引っ張られないように、以下のヒントをご覧ください。
•時折マリファナユーザー
カジュアルユーザーは、テストで陽性になるリスクがはるかに低くなります。マリファナをたまにしか使用しないと、尿と唾液のTHCレベルはすぐに消えます。あなたがこのグループに属している場合、以下はTHCの検査で陽性となる可能性を低くします。
尿と唾液の検査では、雑草を吸ってから数時間後に得られたサンプルのTHCのみが検出されます。いつもより数時間早くやめなければならず、残りの時間を潜水艦に費やさないように気をつけてください。
外出する前にたくさんの水を飲んでください。このようにして、血液、尿、唾液を希釈し、各滴のTHCとその代謝物の量を最小限に抑えます。
•レクリエーション用マリファナユーザー
通常の喫煙者は、THC代謝物に関して蓄積の問題を抱えています。理論的には、数週間禁煙したとしても、職場や外出先で陽性となる可能性があります。そのリスクを最小限に抑えるには、次の戦略を使用してください。
道路に出る前に、口の中にクリーナーをスプレーして、唾液検査で綿棒で検出できる残留物を取り除きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>