汚染されたバイアルは、日本のワクチン接種キャンペーンを遅らせ、感染症が増加しています

「(異常物質の)起源が何であれ、ワクチンの安全性を心配する証拠はありません。」これは、製薬会社Roviがスペインで製造した5つのバッチに属するいくつかのバイアルで不純物が見つかったときに国が合計263万回のModernaを撤回した後、日本の厚生労働大臣である田村憲久によって火曜日に述べられました。日本の当局者はまた、注射を進める前に注射器をゴム栓に挿入する際の過失によってそのような汚染が引き起こされた可能性が非常に高いことを明らかにした。
アルバロガルシア
スペインの製薬会社Roviが、日本でリコールされた160万個のModernaワクチンの汚染の可能性を調査しています
2021年8月24日、ベトナムのホーチミンでのコロナウイルス病(COVID-19)のパンデミックの中で、ベトナムの兵士が厳格な封鎖地域に食糧を届けます。ロイター/ストリンガーファイルなし
ベトナムは、デルタバリアントの前進を封じ込めるためにホーチミン市への完全な監禁を命じています

大臣の発言は、東京近郊の群馬県と沖縄南部の2つの都道府県がさらに100万個のModernaワクチンの投与を停止した翌日であり、これは合計で3バッチ、合計16300万回の投与が先週取り下げられた。そのうちの1つで、メディアが「外国の資料」と表現したものを発見した後の予防策として。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>