なぜマリファナの効果は人の生物学的性別によって異なるのですか?

マリファナの体への影響は、男性と女性でわずかに異なります。男性がよりオープンに消費できる文化的な問題に加えて、有機的なレベルでは、ダイナミクスは異なります。
男性は女性よりも強い向精神効果を経験している可能性があります。このため、男性ユーザーはTHCに依存する可能性が高くなります。
この仮定の生物学的根拠は、物質が相互作用する性ホルモンにあります。具体的には、すべてのステロイドの前駆体であるプレグネノロンで、カンナビノイド受容体の活性化を調節できることが観察されています。
ただし、長期的には、結果は同様です。記憶喪失、夢を見ることができない、男性の勃起不全、女性の性欲減退。しかし、その消費に対するそのような厳格な禁止は科学的研究を歪め​​、それはしばしば弱く道徳に基づいた議論によって浸透されてきました。