真の友情についての考察

真の友情の最もよく知られているフレーズの1つは、「友情は所有できる最も貴重な宝物であるため、「友人がいる人は誰でも宝物を持っている」というものです。私たちは私たちに同行する人々に囲まれて一日を過ごし、ソーシャルネットワークは私たちに絶えず接続することの重要性を示しています。しかし、私たちは速いペースで活動しており、友情を築くために必要なすべてを周囲のすべての人々に捧げることは不可能であり、友人はどこにでもいると考えるという誤りに陥ります。

私たちは同僚に囲まれていますが、私たちは本当に友達であるかどうかを自問し始めなければなりません。あなたが答えを見つけたら、彼を大切にし、世話をしてください。良い友達はいつでもあなたのそばにいて、良い時も悪い時もあります。時には、彼は無私無欲に、要求もなく、何も期待せずにそこにいるでしょう。良い友達は、あなたが悲しいときにあなたを抱きしめ、涙を乾かします。同じように、彼らはあなたの最高の笑顔を引き出し、あなたの成果を祝い、あなたの失敗に同行し、世界があなたに背を向けたときにあなたのそばにとどまります。

真の友情は生涯にわたる友情であるため、どの友情が私たちの側に残る価値があるかを評価することは非常に重要です。良い友達とパートナーを区別することを学ぶことは多くの場合難しいかもしれませんが、友情が真実であるかどうかを知るために、私たちが以前に定義した友情の価値が存在することに焦点を当ててください。