内在性カンナビノイドシステムとは何ですか?それはこれらすべてにおいてどのような役割を果たしますか?

非常に簡単に言えば、内在性カンナビノイドシステムは私たちの体の細胞間のコミュニケーションチャネルとして機能していると言えます。
このシステムは、体が自然に生成し、複数の生理学的機能を調節する物質である内在性カンナビノイドを介して機能します。とりわけ、彼らは痛みの信号をトリガーする責任があります。
科学者たちは、内在性カンナビノイドの不均衡または欠乏が頭痛や片頭痛に直接関係している可能性があると信じています。
これらすべての興味深い点は、化学物質レベルで、私たちの体が生成するこれらの物質は、大麻植物に存在する植物カンナビノイドと非常に似ているということです。
あなたはすでにカンナビジオールと片頭痛の関係を見ていますか?